ホタル百科事典/ホタルに関する調査研究レポート

東京にそだつホタル

ホタル生息地の気温・降水量/2001−2002年 3−4月

  本年2002年の春期は、昨年及び平年に比べて桜の開花が異常に早く、その他様々な生物においても早期からの活動状況が確認されました。2001年と2002年の3月〜4月の最高気温を比較してみると、2002年は、昨年に比べても平年に比べても高いことがわかります。(横の帯は、平年の最高気温の高低値を表しています。)

Change of the maximum temperature
グラフ1.3月の最高気温(あきる野市)

Change of the maximum temperature
グラフ2.4月の最高気温(あきる野市)

  この3月・4月は、ゲンジボタルにとっては蛹化のための上陸の準備期間およびその期間にあたります。あきる野市の生息地におけるゲンジボタルの幼虫の成育も順調で早期に上陸するものと思われましたが、(2001年においては、4月12日、20日がピーク)実際は、雨不足もあり4月21日と25日に上陸のピークを迎えました。(昨年よりも約10日ほど遅い)2002年の成虫発生は、6月15日頃が初見日になると思われます。ただ、5月の気温(地温)などの条件によっては多少早まる可能性も考えられます。また、2002年4月は雨の降る日が少なく、幼虫は集団で上陸していますので、成虫は短期間にまとまって発生する可能性も考えられます。

降水量
グラフ3.3月の降水量(あきる野市)

降水量
グラフ4.4月の降水量(あきる野市)


BACK[ゲンジボタルの幼虫の成長について] NEXT[2002年度のホタル発生状況

ホタルと美しい自然環境を守りましょう。を / Copyright (C) 2001-2018 Yoshihito Furukawa All Rights Reserved.