東京にそだつホタル>蛍(ほたる)図鑑

東京にそだつホタル


ホタルの一生

ホタルは、どんな生活をしているのかな?

ホタルの幼虫は、水の中で貝を食べています。

ホタルは、どんな一生を送っているのでしょうか。ホタルは、「里山さとやま」の「たんぼ」や「小川」にすんでいますが、これは、ホタルの「幼虫ようちゅう」が水の中でくらしているからです。「成虫せいちゅう」になるまでに、1年かかります。なかには、2年以上かかるものもいます。

ホタルの一生

ホタルの一生の図説

ホタルの一生と環境の写真
ホタルの一生いっしょう環境かんきょう

ホタルの卵

川岸かわぎしの「コケ」に、うみつけられた「たまご」。大きさは、0.5mmでとても小さいです。1ぴきの「メス」は500個くらい産みます。

ホタルの卵の写真 ホタルのたまご

ホタルの幼虫

「卵」からかえった「幼虫ようちゅう」は、水のなかで生活します。夜行性やこうせいなので、昼間は石の下にかくれています。

ホタルの幼虫の写真 ホタルの幼虫ようちゅう

ホタルの食べ物

ホタルの幼虫は、夜になると、「カワニナ」という巻き貝の肉をとかして食べます。自分のからだの大きさにあったものを食べます。

カワニナを食べるホタルの幼虫の写真 カワニナを食べるホタルの幼虫

カワニナ

ゲンジボタルの幼虫は、カワニナを食べています。ヘイケボタルの幼虫は、タニシやモノアラガイなどの貝を食べています。

ホタルの餌になるカワニナの写真 カワニナ

ホタルの上陸

ホタルの幼虫は、4月ころになると「さなぎ」になるために水の中から陸地りくちにあがります。あたたかい雨のふる夜に光りながら上陸じょうりくします。

蛹になるために上陸しているホタルの幼虫の写真 上陸しているホタルの幼虫

ホタルの蛹

ホタルの幼虫は、岸辺きしべやわらかい土にもぐって「さなぎ」になります。10cmくらいの深さのところで、「土のまゆ」をつくって、蛹になります。「蛹」も光ります。

ホタルの蛹(さなぎ)の写真 ホタルのさなぎ

ホタルの羽化

蛹から脱皮だっぴして成虫せいちゅうになることを「羽化うか」といいます。蛹は50日くらいで「成虫」になり、2〜3日すると地上ちじょうに出てきます。東京では、6月中頃に飛び回ります。

飛び立つゲンジボタルの写真 ゲンジボタル

ホタルの成虫

ホタルの成虫は、1週間しか生きられません。その間は、「水」しか飲みません。

ゲンジボタルのメスの写真 ゲンジボタル

もっとたくさんの「ホタルの写真」を見たい人は、こちらを見てください。
クリック → ホタルの写真生態写真集せいたいしゃしんしゅう源氏螢ゲンジボタル