東京にそだつホタル>蛍(ほたる)図鑑

東京にそだつホタル


ホタルの体

ホタルは、どのように光るのかな?

下の図は、「ゲンジボタル」です。むね(前胸部ぜんきょうぶ)の部分が赤い色をしています。そして、黒い「十字」のもようがあるのがとくちょうです。大きさは、「オス」が1.5cmで、「メス」は2cmくらいで、「メス」のほうが大きいです。「ヘイケボタル」は、「ゲンジボタル」よりも小さく、1cmくらいしかありません。
ホタルは、どこが光るのでしょうか。「腹部ふくぶ」の先端せんたんの黄色の部分(発光器はっこうき)が、光ります。「オス」は、ひかる部分が2つありますが、「メス」の光る部分は1つしかありません。

ゲンジボタル ゲンジボタルの成虫せいちゅう

ゲンジボタルの発光器 ゲンジボタルの発光器はっこうき

ホタルは、「卵」も光る?

ゲンジボタルやヘイケボタルは、「成虫せいちゅう」だけでなく、「たまご」も「幼虫ようちゅう」も「さなぎ」も光ります。

ホタルの卵の発光している写真 光るホタルのたまご

ホタルの幼虫の発光している写真 光るホタルの幼虫ようちゅう

ホタルの蛹(さなぎ)の発光している写真 光るホタルのさなぎ

ホタルの発光している写真 光るホタルの成虫せいちゅう

ホタルの成虫は、光ることで真っ暗な中でお互いを見つけることができます。そして、オスとメスが会話をしています。卵や幼虫、蛹が光るのは、てきおどろかせるためと考えられています。

ホタルについて、もっとくわしく知りたい人は、「ホタル百科事典」をみてください。